外貨両替、一括借り上げ、アパート経営に関するサイト

初めて金融機関を利用するならば

注意すべき点とは

一括借り上げで一番注意するべき点

アパートマンション経営を始める際に不動産会社やハウスメーカーが、オーナーさんに一括借り上げについて説明しないことはまずあり得ません。 相続税対策でアパートマンション経営を開始される方にとっては、一括借り上げの制度は節税対策からいっても切り離せないはずです。 しかし一括借り上げについて注意する点は、契約の更新があるという点です。 そして契約更新の際には、家賃の変更ができるような契約書になっているのが一般的です。 つまり、一括借り上げの制度は家賃保証とは意味が違うという点には気をつけたいところです。 意味のわからないところがあるのなら、必ず納得できるまで説明を受ける必要があります。 また、リフォーム費用についても事前に説明を受けておく必要があります。 一括借り上げというシステムは、オーナーが何もしなくていいというシステムではないということです。

一括借り上げでもオーナーさんが空室を埋める努力が必要

一括借り上げの制度なしで日本にこれほどの数のアパートやマンションが存在することはないと言い切れるほど、この制度は当たり前のものになっています。 相続税の見直しが今年行われたため、一括借り上げの制度を利用したアパートやマンションが相続税対策とセットで駆け込み的に建築されました。 しかし一括借り上げの利点のみが強調されて、オーナーさんが必要とする情報がハウスメーカーなどが提供するカタログには詳しく書かれていないこともよくあることです。 豆知識的なところでは、契約更新の際に家賃の変更があり得ることやリフォームの費用はオーナーさんの負担になること等です。 とくに空室が出た場合などには、オーナーさん自身が積極的に空室を埋めるテクニックを用いて空室を埋める努力をしなければ、契約更新の際にどんどん家賃が下がっていってしまいます。 可能な限り空室率を下げることが、一括借り上げの制度を有効に利用できるかどうかの分岐点です。