外貨両替、一括借り上げ、アパート経営に関するサイト

初めて金融機関を利用するならば

不動産運用

リロケーションサービスを利用する人が多くなっています

 ここ数年、リロケーションサービスという言葉を耳にする機会が多くなってきました。リロケーションというのは、空き家を貸して賃料収入を得る不動産運用の方法です。賃料収入を得るための不動産運用と聞くと、賃貸物件のオーナーになる方法を思い浮かべる人が大半ですが、わざわざ賃貸アパートなどを建てるのではなく、転勤などで住めなくなってしまった家を留守中だけ誰かに貸して賃貸収入を得る方法がリロケーションです。2〜3年程度の短期間の賃貸が前提となっていますので、従来は賃貸に出してもなかなか借り手を見つけることができませんでした。しかし、リロケーション物件を専門に取り扱う業者が登場してくるようになったおかげで、空き家を遊ばせておかずに済むようになりました。実際にかなり多くの人が、この方法で賃料収入を得ています。

空き家の賃貸を希望している場合には

 急な転勤が決まった場合は、自宅を売却しているような時間的余裕などありません。しかし、住宅ローンを組んでマイホームを購入している人が大半ですから、赴任先の住宅費と住宅ローンの両方の支払いが必要になります。勤務先から住宅費の補助が出るケースが多いとはいえ、その負担が重くのしかかってきます。でも、空き家を誰かに貸すことによって賃料収入を得ることができます。その賃料収入で住宅ローンをまかなうことができれば、過剰な負担を感じる必要がありません。とはいえ、期間限定の賃貸物件はなかなか借り手がつきません。普通の不動産業者に賃貸の仲介を依頼しても、渋い顔をされてしまう可能性が高いです。そんな時に頼りにすることができるのが、リロケーション専門業者です。特定の企業と法人契約を結び、借り手を確保しているリロケーション業者が多いので、リロケーション専門業者に相談してみるのが得策です。